イクメンという言葉が無くなれば良い

イクメン子供と遊ぶ
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

今日はちょっと僕の思ってること聞いて下さい。

イクメン』と言う言葉を死語にしたいです。

何言ってんだ、って感じがするかもしれませんが(笑)大真面目です。
この言葉があるせいで、色々な壁が作られている様な気がするからです。

イクメンと言う単語を少し調べてみたのですが、
いつから言われているのか、厳密には分かりませんでした(残念)

少なくとも2009年時点では、既に使われていた様です。

そもそも【子育てに積極的に参加するお父さん】のことを
イクメンと言いますよね。
でも、それって、どこまで参加することを言うのか
さっぱり分からないです。

ちょっと公園で子供と遊んでるだけで、周りの人から、
「イクメンだね〜」
とか言われます。

イクメン子供と遊ぶ

え?そんだけで??

って、今だと思うんですけど。
確かに、かつてそう言われて、悪い気はしなかったことを思い出しました(笑)

ただ、このことが、多くの男性が『育児』を勘違いする原因になっていると思います。

男の育児

感覚的に書いてるので、全く当てはまらない人もいると思いますが、
結構「子供と遊んだ」とか、「この前1度手伝った」とか
そう言うことをふだん、奥さんにアピールしているお父さんが多い気がします。

子供と遊ぶ=イクメン?

もしそうなら、イクメンなんて当たり前じゃないですか(笑)
「パパ」とか「お父さん」と言う言葉は、
そもそも『子供の父親』と言う意味なんだから、
【育児に参加してる】
って意味含まれてて良いと思うんです。

だから多分、男はイクメンとか言って、
なんかすごく協力的な風に見せて、
調子に乗らせない方が良いとおもいます(苦笑)

兼業主夫の道

正直なこと言うと、世の多くの女性が
兼業主婦を成り立たせているのに、
現状あまりにも兼業主夫が少ないですよね。

こんなこともやってました(笑)

主夫だったら、家事も育児も、当然出来ないといけませんし
「邪魔だから手伝ってもらわなくて良い」
とか、奥様方に言われるのを阻止出来るかもしれない(笑)

僕も散々「邪魔」とか「あなたが料理した後は散らかり過ぎて嫌だ」とか
言われて来ましたが、最近ようやく地位を確保しました。

家事に手を出すなとか、そういうこと言う奥さん多いですけど、
あれって、気を遣ってくれてるんですからね。
「ホントはすごく手伝って欲しいとき有るけど、なんか申し訳ない」
「ホントは手伝って欲しいけど、ちょっと実力が足りない」
このどちらかの理由(もしくは両方)で、旦那さんには声かけ難いそうです。

だからせめて、子供が料理とかの邪魔しに来ない様に、
「子供見といて」
になるみたいです。

でも、

本当は手伝って欲しい。

って奥様が思ってるのだったら、
やっぱり手伝える様になるのが理想だと思います。

「『子供見といて』って言われたから、ちゃんと見てんねん。えらいやろ?」

とか思ってる人、絶対居ますからね(笑)
調子乗らせたらダメです。やれば出来る様になるんだから!
スパルタで行きましょうww

【日本男児総兼業主夫化計画】
を立ち上げたい所なのですが、
まだまだ仲間が足らず、実現には至っていません(笑)

というか、そもそも「兼業主夫」って言葉が重たすぎて、
全然イメージが良くないです(笑)

何か「イクメン」見たいな、スッと入ってくる名前が無いかと
色々考えてるんですが、

「家パパ」とかダサいし(笑)

「家メン」とか?
響きは何となく良いけど、「イエメン」って国名やし(´Д` )
見ようによっては、ただの引きこもりにも見える・・・。

ネーミングセンスがなさ過ぎるので、
誰か助けて下さい。
ホントに((((;゚Д゚)))))))

あとがき

最初の慣れないうちは、時間のゆとりのあるときに
奥さんの横に入る様にしないと、邪魔者扱いされます。

あれ、ホントに萎えるので、奥様方は是非自粛してください(笑)

@自宅・今日は勝手に模様替えしたった!部屋が広くなった!気がする。

ブログランキング参加しています。
応援ポチお願いします!
我が家のサイヤ人(笑)

この記事の著者

ウッシー主夫×起業家 ビジネスと家族のためのコンサルタント

ほぼ主夫。ちょっと起業家。
いかに毎日楽しく過ごすか?を追及している。
そのため、稼げないときから起業したったので、経験は豊富。もっと稼いでいきたいという思いもあり、このブログでは何でもかんでも公開していくことに。
もうすぐ4児の父。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

著者について


ウッシー(1983年生)

2017年。気まぐれでいい加減なアイコンの人になる。
けど、ドメインのせいで本名モロバレ(苦笑)

主夫としての腕を磨きつつ、起業家としての腕も磨いている
2足のわらじをはきまくっている男。

生きているのは楽しいが、
その楽しさを伝える文章能力が欠如していて、
伝えられないのが悩み。

ビジネス経験は豊富だが、稼ぎがいまいちなので真面目に奮闘中。
このブログは、
【これからビジネスを始めていきたい人】
のために、ノーガードフル〇ンを曝して、
一緒に成長していくために構築したった。

もとSEでHTMLはそこそこ得意。
ビジネス経験はそこそこ豊富。

feedly登録はこちら

follow us in feedly

あなたの人生を変える(かもしれない)LINE@

是非こちらからご登録ください。(クリックでも行けます)

あなたの人生を変えるLINE@

友だち追加数

家族、仕事、自分の、いい関係。見つけませんか?

ページ上部へ戻る